くろめヘアカラー 美しく染める

くろめヘアカラーでより美しく染める方法!

くろめヘアカラーはトリートメント成分は申し分ない商品です。ただ、ヘアマニキュアと呼ばれる分類にあたるため、市販品のように早染めではありません。

 

早染めタイプは強引にキューティクルをはがして、そこに色を入れてしまうので早く染まっても髪の毛に与えるダメージは大きいです。くろめヘアカラーは傷んだキューティクルを修復しながら色を上から載せるものなので性質が違います。

 

ただし、時間がかかってもいいのであれば美しく染める方法はありますので根気強く使用しましょう。まず焦らずに使用説明書を確認しましょう。染める時間などきちんと守ればきれいに染まります。

 

まず染めるためにくろめを塗ってから15分程度放置とあります。染まりにくい人は最大30分まで延長できます。体が冷えていると染まりにくいため、冬に使用する場合などは風呂で使用するのがおすすめです。付属のシャワーキャップだけでは物足りない場合は、キャップの上からドライヤーの風をあてるか湯船につかって体全体を温めることで効果があがります。

 

早く染めたいと思って、くろめをたくさん塗りすぎると液だれしてきれい染まりません。既定の量を守って、7回から10回くらいで染まるものと考えましょう。

 

染まりにくいという意見が多い一方、染まってしまえば長くキープできるという特徴もあるようです。メーカーの説明にも最初の1週間
は毎日使用、そのあとは様子を見ながらとあります。

 

育毛剤も販売しているメーカーなので、まずは髪の毛を健康な状態にして、それから染めるという考え方だと思われます。くろめは時間をかけてのんびり染める白髪染めトリートメントといえます。

 

くろめヘアカラーで美しく染める